春日部市粕壁の学習塾わかば塾(個別・集団)。小学生、中学生、高校生の学力低下や受験対策とテスト対策。春季講習、夏季講習、冬季講習でテスト対策もこれで安心。八木崎駅から徒歩3分です。

048-812-4267

受付時間|15:00~21:00

NEWS & TPOICS

桜梅桃李2020/1【親と教師が力を合わせて】2020.01.17

コラム

今は、学校の先生との関係がうまくいかず、悩んでいる親も多いようです。
子供に教師の悪口を言うことは避けた方が良いと思います。
新学期になって、「今回の先生は、当たらなかったね」などと、子供に言うのは、本当に良くないことです。
教育の基本は、教師と生徒の信頼関係ですから、それを親が壊してはいけません。
できるだけ、良いところを見て、言っていくようにした方がプラスです。

もし、教師の行動で納得できない事、おかしい事があったら、率直に対話していく方が価値的ではないでしょうか。
今、親と学校のより良い在り方が模索されており、授業参観でなく、父母が実際に参加する「授業参加」に取り組み始めた学校もあります。 

特に小学校の場合は、子供の教育を学校任せにするのではなく、出来る限り積極的に親もかかわっていくべきだと思います。
「子どもの幸福」を最も願う者が、力を合わせて、よりよい教育をつくりあげていくべきです。
その当事者が親であり、教師です。
ですから、教師や親が責任をなすりつけ合うところからは何も生まれません。

教師は、生徒をわが子と思い、情熱と確信をもって育てていく、親は親で、すべて学校任せにしないで、「子どもの幸福」という一点を見つめて、協力関係を培っていくのが正しい道だと思います。

ついこの間まで高校生だった人達が、青年になり、親になり、いつしか社会の第一線で立派に活躍しています。
まぶしいくらいです。
その成長ぶりに驚かされます。
親や教師からすると、子供が大きくなるのは、本当にあっという間です。
「また後で」「いつの日か」と思っているうちに、子供は大人になってしまいます。
その間に、どれだけ子どもに、かかわれるかが勝負です。