カテゴリー コラム「桜梅桃季」

桜梅桃李H26/11「自分で生き抜く力をつける」

2015.08.17

母が離婚したのは、私が小学1年生、兄が中学1年生の時でした。
身を粉にして働いて女手一つで育ててくれました。
男女間の賃金格差が激しい時で、貧乏のどん底でした。
食べるものが無い時母は、自分は食べな ...続きを読む 詳細を見る

桜梅桃李H26/10「子どもは、人との触れ合いで成長する」

2015.08.17

子どもにとって、家庭とともに学校や塾の生活も大切な環境です。
学校の担任の先生の影響力は大きく、担任が変わるだけで、子どもは、驚くほど変わります。
教師の懐の深さは貴重です。

 もう一つ大きな影響を ...続きを読む

詳細を見る

桜梅桃李H26/9「父親は、あまり怒らない」

2015.08.17

子育てのポイントの一つは、「父親は、あまり怒らない」ということです。
母親はいくら叱っても心配ありませんが、父親が子どもを抑え込んで、殴ったりすると、子どもは憎しみを抱くようになります。
 
 父親 ...続きを読む 詳細を見る

桜梅桃李H26/8「子どもの傾向を見極める」

2015.08.17

長崎県佐世保市で高校1年生が同級生を殺害するという、衝撃的な事件が、またも起こりました。

 親にとって、子どもが被害者になっても、加害者になっても地獄です。「どうしてそうなる前に、自分に言ってくれなかったのだろう」と思うの ...続きを読む

詳細を見る

桜梅桃李H26/7「母親の必死の思いは、子どもに伝わっていく」

2015.08.17

「1994年、愛知県で恐喝がエスカレートし、自殺に追い込んでしまった事件。」
「1997年、神戸市で2名が死亡し3名が重傷を負った、酒鬼薔薇聖斗事件」
「1998年、栃木県で中学1年の男子生徒に女性教師がナイフ ...続きを読む 詳細を見る

桜梅桃李H26/6「母親が未来を創る」

2015.08.17

家庭の在り方、特に母親は、子どもに大きな影響を与えます。太陽のように明るい母親のもとでは、明るく伸び伸びとした子が育つことでしょう。

何があっても負けない母親のもとでは、はつらつとした強い子が育つことでしょう。

詳細を見る

桜梅桃李H26/5「子どもの名前は、未来」

2015.08.17

ヴィクトル・ユゴーが『レ・ミゼラブル』を執筆したのは、ナポレオン三世の独裁と対決して、ガーンジー島で亡命生活を繰り広げている最中でした。

その時ユゴーは、毎年暮れになると、恵まれない子どもたちを招待してパーティ を開くこと ...続きを読む

詳細を見る