桜梅桃李H30/4【功を積みし塔は崩れず】

2018.04.20

お母さんの中には、仕事や色々な活動が忙しく、お子さんと思うように係われない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
でも、母親が一生懸命にしてくれたことは、子どもの生命に必ず刻まれます。

「功を積みし塔は崩れず」(精魂を込めて築いた塔は、永久に崩れない)という韓国の箴言がありますが、子育ても同じです。

何も特別な事ではありません。
母親が真心を込めた分だけ、子どもはそれを全身で受け止めて成長していく。
母親の真剣さが、子どもの人生の基盤を固めていくのです。

中国の作家魯迅は、「生きて行く途中で、血の一滴一滴たらして、人を育てるのは、自分が痩せ衰えるのが自覚されても、楽しいことである」と述べています。

子育ても同じです。
母親が子どもにわが命を注いで育てていく、それが子どもの生命に感応して大きく花開くのです。

母親の生命の豊かさと愛情は、子どもにとってかけがえのない生きる力となっていきます。

「幸せになって欲しい」「目標に向かって歩んで欲しい」と願い、未来を託す思いで接するなかで、母も子もともに、永遠に崩れない幸福を勝ち取ることができるのです。